fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

核兵器禁止条約を主導したスウェーデンの独善性の歴史

11月27日からニューヨークで第2回核兵器禁止条約締結国会議が開催されましたが、すでに明らかになっている12月1日に採択される予定の政治宣言の草案を読むと核保有国やその同盟国が主張する核抑止論を「不拡散義務と矛盾するだけでなく核軍縮の進展を阻害している」と全面否定して「検証可能で不可逆的な核廃絶が急務だ」と日本共産党やかつての日本社会党の反核活動家たちが広島や長崎の原爆式典の会場を取り囲んで金切り声を上げていた非現実的な教条主義のお題目を模倣・踏襲しているようです。
かつての日本社会党は護憲政党と称しながら日本国憲法は第9条が全てであるかのように絶対視して非武装中立の実現を主張していましたが、日本は海を隔てているため目では見えなくても北西南の三方では強大な軍事力を有するソビエト連邦と共産党中国が舌舐めずりしながら虎視眈々と狙っていて(どちらにとっても日本列島は太平洋への出入口を塞ぐ障壁になっている)、その侵略を防いでいたのは自衛隊と在日アメリカ軍の存在であり、中でも海空自衛隊の365日24時間の水も漏らさぬ警戒監視と即応体制がつけ入る隙を与えなかったのは厳然たる事実です。不肖、野僧も航空自衛官として航空教育隊で勤務した2回、4年8ヶ月間を除きその一翼を担いました。
核兵器についても同様のことが言えて日本がソビエト連邦のSS20中距離弾道ミサイルやツボレフ22バックファイヤ戦略爆撃機に狙われていても(共産党中国の核戦力の大半はインド向け)3度目の被爆を経験しなかったのは日本社会党と反核団体が「唯一、核兵器を使用した悪魔の国」と非難するアメリカの核兵器を日米安全保障条約によって現実の脅威としてソビエト連邦と共産党中国に見せつけていたからに他なりません。
つまり日本の反核団体や核兵器禁止条約の制定を主導的に推進した市民団体・ICANが口にする「核兵器によって人類が滅亡するか、核廃絶を実現して恒久平和を手にするかの選択しかない」の「人類の滅亡」は核兵器によって抑止されてきたのであって通常兵器による全面戦争を回避して冷戦と言う神経戦に終始したのも核抑止力の効能です。
ICANの本部が所在するスウェーデンは自称限定の永世中立国として核攻撃を受けても全国民が生存できる地下シェルター=避難施設の整備を国策としてきましたが、ウクライナ侵攻を前にロシアの核の脅威の増大を認識してアメリカの核抑止力の保護を受けるべくフィンランドと共にNATO=北大西洋条約機構への加盟を申請しました。
その一方でスウェーデンは第1次世界大戦では北欧の盟主を気取ってノルウェーやデンマークを巻き込んで中立=不介入・不干渉の立場を採ったため戦後処理で不利益を被り、第2次世界大戦でも同様に中立を表明しながらデンマークとノルウェーはナチス・ドイツに侵略・占領されだけでなく隣国でありながらアジア系民族の野蛮国と見下していたフィンランドがソビエト連邦軍の侵略を受けても支援もせずに無視して自国の領土保全だけに専念したのです(フィンランドはナチス・ドイツの支援を受けたため敗戦国になった)。
スウェーデンの「ノーベル賞の国」を標榜する独善性は環境問題でもグレタ娘が暗躍していますが国家としてはヨーロッパで必ずしも好感を持たれていません。
  1. 2023/11/28(火) 15:53:38|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ682 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ681>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8831-612c1a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)