fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ683

「今日は最終回と言うこともあってとても沢山のメールが届いています。陸上自衛隊の皆さんは駐屯地に帰ってメールが解禁されたんですね」郷土を侵略されてもそれを「解放」と歓迎している反戦平和団体からは「大本営発表」と揶揄されている自衛隊と北海道庁の公式発表のニュースを終えると雪うさぎは番組を始めた。
これまで陸上自衛隊は部隊の展開地と隊員個々の所在位置を秘匿するためスマートホンと携帯電話は着信メールのみを許していた。家族はメールが既読になることで無事を確認していたのだ。その後、駐屯地に戻って交代で休暇を取るとラジオの聴取者が減っていたが部隊生活が再開すると戦場での恐怖を克服する力を与えてくれていた雪うさぎに感謝するメールが急増した。確かに雪うさぎは即応予備自衛官として稚内に派遣されてからは音信不通になっている夫・森田謙作予備2曹を思いながら番組を作っていた。
「最初のメールは・・・やはり部隊名、駐屯地名は言いません。人妻でも良い俺の女房になってくれさんからです。困ったなァ、私、旦那にゾッコンなので絶対に無理です。ごめんなさい。それに私、2人の子持ちですよ。失礼しました」メールが多いので番組の進行も早目にしなければならないのだが前置きが長くなってしまった。雪うさぎはマスター・コントロール・ルーム=主調整室からガラス窓越しに覗いている男性ディレクターの顔を見て舌を出して肩をすくめた。
「雪うさぎさん、長い間、激励の放送を有り難うございました。僕はウクライナやパレスチナの戦争のニュースを見て悪者は殺さなければいけないと思っていましたが、引き金を引いて殺した敵は僕と同じ年頃で同じ赤い血を流して死んでいました。そんなことを悩んでいた時、雪うさぎさんが『北海道を侵略者に渡さないで。私たちの祖先が苦労して開拓した土地は私たちが守らなければいけない』と訴えているのを聞いて戦争の意味を考え直しました。人間同士が敵味方に分かれて殺し合うのが戦争なんですね」雪うさぎは屯田兵として岩手県から旭川に入植した広橋家代々が開拓した現在の牧場をロシア兵に奪われないために夫は出征し、両親や叔父たちも乳牛の生命を守るために残っていることを思いながら訴えたのだがやはり前線にまで届いていた。
「リクエストです。番組のオープニングで流れる『雪の進軍』を1番から最後まで聞かせて下さい」これは意外なリクエストだった。「雪の進軍」をオープニング曲に選んだのは避難所に入所して間もなく北海道庁から郷土防衛の任務に当たっている自衛隊を激励する番組の企画を持ちかけられて東北地区太平洋沖地震の後、仙台市が放送した全国のローカルFMラジオ放送の人気DJを集めた被災者を激励する番組で一緒になった岐阜県の自衛隊OBの昭和一郎=島田信長元准尉に相談して推薦されたのだった。
「この歌は日本陸軍の永井建子(けんし)軍楽長が日清戦争での体験を元に作詞作曲した作品です。映画『八甲田山』で唄われて有名になったそうですけど私は夫が父からもらったDVDで見ました。それではどうぞ」今度は前置きのウンチクは控え目にした。
「雪の進軍氷を踏んで どれが河やら道さえ知れず 馬は倒れる捨ててもおけず・・・そろりそろりと首絞めかかる どうせ生きては帰らぬつもり」「この4番の終わりの歌詞は『どうせ生かして還さぬつもり』と歌う別バージョンもあるようです」雪うさぎとしても最終回でオープニング曲を流すことができて安堵した。昭和一郎はローカルFMラジオ番組を統括している市役所が市民からの抗議に過剰反応するため8月に軍歌特集を企画しても許可されないそうだが、流石に北海道知事肝入りのこの番組は別らしい。
「それでは最後の曲になります。これはリスナーさんからのリクエストではなく私の選曲でロシア語の歌をお送りします。実は愛媛に住む夫の両親がたまたま見た対岸の山口県の国営放送で在日ロシア人の女性が飛来したナベ鶴を見ながら異国で死んだロシア軍兵士の追悼のために唄ったのを聞いて感動したそうです。そこで特集番組を録画して送ってくれました。ダゲスタンの民謡でジュラヴリー=鶴と言う曲です」本当は「ナベ鶴とタンチョウ鶴の違い」「ダークダックスが唄っていた」などのウンチクのネタがあったのだが曲の最後まで流せるか不安な時間になっていたので控えた。
「ムニョ カジ ツァ パロン・・・」エレナの歌は国境の島である北海道にまで届いた。
お・音無響子イメージ画像
  1. 2023/11/30(木) 14:57:34|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12月1日・アメリカ特許庁認定のドクター・ペッパーの発売日 | ホーム | 11月30日・千島艦事件=水雷砲艦・千島が衝突事故で沈没した。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8834-0c2023ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)