fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

12月1日・アメリカ特許庁認定のドクター・ペッパーの発売日

1885年の明日12月1日はアメリカ特許庁が世界初の瓶詰の炭酸飲料として認定しているドクター・ペッパーの発売日です。
野僧が沖縄に赴任した昭和57(1982)年は日本に返還されて十年目で街中にはまだ復帰前にシマンチュウ=沖縄県民が慣れ親しんでいたアメリカ製食品が溢れていて、中でもジュースの自動販売機には日本味とアメリカ味のコーク=コカ・コーラやペプシ・コーラ2種類ずつと一緒にドクター・ペッパーとルートビアと言う本土では見なかった銘柄の黒っぽい炭酸飲料が並んでいました(当時は瓶だったの中身が見えた)。
そこで基地のBX(売店)でも売っているのを見つけて試し飲みしたのですが、どちらも日本人味のコークやペプシ・コーラに比べて癖が強く=薬臭く、強いて言えば瓶が大きい(500ml)ので飲み応えがありました。実際、先輩たちは我々を自動販売機に買いに行かせる時、ドクター・ペッパーを「味より量」と呼んでいました。
そんなドクター・ペッパーは1880年代にアメリカのテキサス州ウェーコのドラッグ・ストアで働いていたイギリスの大学に留学し、テキサス大学医学部で薬剤師の資格を取得したチャールズ・コーティス・アルダートンさんが店内で客に出している清涼飲料の売り上げが落ちていることを店主に相談されて、訊き取り調査するとこれまでの伝統的なサルサパリラ(ルートビアを自家製する時に用いることが多い)やレモン、バニラなどの香り、味覚、飲料感が飽きられていることが判明して新たな風味を研究して最終的にリン酸と組み合わせた23種類の原料を混合して炭酸水に配合することで落ち着きました(ドクター・ペッパーはコークと同じく成分は非公開です。ペプシ・コーラは公表しています)。
こうして1885年12月1日に発売を開始したとされていますが、誰も記録を残していないためアメリカ特許庁が何を根拠に認定しているのかは不明です(2009年にテキサス州の骨董店で製法とレシピを記したノートが発見されましたが内容は非公開です)。ちなみにコークの発売開始は半年後の1886年5月8日、ペプシ・コーラは1893年です。ルートビアも1893年ですがこちらは前述のサルサパリを用いて自家製されていたのを1866年に薬剤師のチャールズ・エルマー・ハイアーさんが成分を確定して広まっていたのが30年近く経過して商品化されたのです。
またコークとペプシ・コーラはコカの葉を主成分としていますが、ドクター・ペッパーとルートビアには用いられておらず、そのため黒っぽい見た目や薬草のような味、炭酸による飲料感は非常に似ていてもアメリカでは「コーラ」と名乗ることはできません。
これらの癖がある炭酸飲料は1920年1月17日から1933年12月5日までの禁酒法の時代にビールの喉への刺激が忘れがたい男たちの間で広まりましたが、ドクター・ペッパーについては「女性向きの味ではない」と言われていました。実際、父親の会社がカナダドライと営業提携を結んでいたため委託販売していたドクター・ペッパーを持ち帰ったことがありましたが、妹が珍しく「不味い」と言ったので我が家の炭酸清涼飲料はジンジャエールになりました。野僧は嫌いではありませんでしたが。
  1. 2023/11/30(木) 14:58:59|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ684 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ683>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8835-d3baa525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)