fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

12月16日・40日間だけの航空幕僚長・上田泰弘空将の命日

2013年の明日12月16日はマスコミの勝手な推測報道によって航空自衛隊の練習機・Fー86F旭光と全日空の最新鋭旅客機ボーイング727が岩手県の雫石上空で衝突した事故の冤罪の可能性もある責任を取って航空幕僚長に就任して40日間で辞職した上田泰弘空将の命日です。97歳でした。
上田空将の経歴は奇妙奇天烈で大正5(1916)年に熊本県で生まれ、昭和9(1934)年に陸軍士官学校第39期生として入営しました。同期には敗戦後最初の首相になった東久邇宮稔彦大将の長男・盛厚王や同日付で陸上幕僚長になった中村龍平陸将、南京百人斬りの冤罪で刑死した野田毅少佐、韓国陸軍参謀長になった李鍾賛大将などがいます。
昭和12(1937)年に士官学校を卒業すると新潟県新発田の歩兵第16連隊に配属されて「無類の戦さ上手」と謳われた宮崎繁三郎連隊長の薫陶を受け、昭和14(1939)年のノモンハン事件では帝国陸軍総崩れの中、1個連隊だけで孤塁を守り抜く経験をしています。対米英戦争中の昭和17(1942)年に陸軍大学校第58期に入校(同期には士官学校の同期の盛厚王や中村陸将の次の陸上幕僚長・曲壽郎陸将、2代後の航空幕僚長で統合幕僚会議議長になった白川元春空将がいた)して短縮課程で昭和19(1944)年に終了すると第51航空団の参謀として敗戦を迎えました。
敗戦後は昭和26(1951)年に警察予備隊に警察士長(=3佐に相当する)として入隊しましたが昭和29(1954)年に航空自衛隊が創設されると転換し、昭和33(1958)年に1等空佐に昇任してからは航空幕僚監部人事教育部が指定席になり、それ以外では西部航空方面隊防衛部長と昭和38(1963)年には何故か1等陸佐に任命されて武山駐屯地の第31普通科連隊長に就任しています。昭和39(1964)年6月に1等空佐に戻り、中部航空方面隊司令部付で7月に空将補に昇任して第3術科学校長、小牧基地に在った第3航空団司令、そして指定席の航空幕僚監部人事教育部長、昭和43(1968)年に空将に昇任して翌年に北部航空方面隊司令官、航空幕僚副長を経て昭和46(1971)年7月1日付で航空幕僚長に就任したのです。
ところが7月30日に発生した雫石事故ではマスコミが最新鋭のジェット旅客機ボーイング727と朝鮮戦争の老朽ジェット戦闘機のFー86F旭光では最高速度が時速1052キロと1105キロと大差はなく、然も松島基地の第4航空団所属のFー86F旭光が複座式がないため教官機と学生が操縦する機体が随伴しての訓練中だったことも認識せずに勝手な推測で批判記事を書き殴り、「ジェット戦闘機が旅客機を目標に攻撃訓練を実施して空中衝突した」と言う事実無根の原因が世間に広まって乗客乗員162名が全員死亡したのに対して航空自衛隊のパイロットが緊急脱出して生還したことを昭和44(1969)年2月8日に小松基地のF-104J栄光が金沢市内に墜落して女性4名が死亡しながらパイロットは生存した事故と重ね合わせて徹底的な非難を繰り広げました。
当時から航跡記録と交信音声の検証によって指導のため速度を落とした自衛隊機に全日空機が追突した可能性も指摘されましたがマスコミが許すはずがありませんでした。
  1. 2023/12/15(金) 15:13:04|
  2. 自衛隊史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ699 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ698>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8865-dc204786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)