fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

12月16日・これぞ「自力更生」・中華国際航空機ハイジャック事件

1989年の12月16日に同志・毛沢東が抗日戦で補給を危ぶむ軍指導部に言明した「自力更生(自分で何とかせよ)」を実践したかのように乗員が自力で解決した中華国際航空機ハイジャック事件が発生しました。
この日、乗員23名と乗客200名が搭乗して北京を日本時間の午前11時に発進して上海・サンフランシスコ経由でニューヨーク行きの中華国際航空公司のボーイング747が同・午前11時40分頃に済南上空で「爆発物を所持している」と言う35歳の男にハイジャックされました。男は妻子と共に搭乗していて「自分は6月に発生した天安門前広場のデモに参加したため2ヶ月間身柄を拘束されていた。韓国に亡命したい」と主張しましたが、当時は韓国と中国には国交がなく盧泰愚政権は強行に拒否して緊急発進させた戦闘機に領空内への侵入を阻止させる措置を取ったため機長は日本に向かうことを決意して福岡空港に着陸許可を求めたのです。
一方、日本では航空自衛隊西部航空警戒管制団が公海上でハイジャック信号を探知して以降、重点監視を継続していて同・午後1時50分に済州島付近で進路を福岡方向に変更したため同時刻、築城基地からFー1戦闘機を緊急発進させて機体を確認するとハイジャック機として国際法に従って随伴し、同・午後2時11分にFー1戦闘機は航続距離が短いため交代した新田原基地のFー4EJ戦闘機の監視を受けながら日本の領空に進入しました(野僧は翌年に西部航空警戒管制団に配属されて資料を閲覧しました)。すると中華国際航空機は同・午後2時33分に「燃料の残量では40分程度しか飛行できない」として緊急着陸を要求してきました。
こうして同・午後2時57分に福岡空港に着陸すると機体は空港ターミナルの反対側にある航空自衛隊板付飛行場のエプロンに駐機しましたが、女性の客室乗務員が犯人に「韓国に着いた」と噓をついて「確認のため」と称して開けた搭乗ドアから突き落したため約10メートル下のコンクリートに落下して骨折などの重傷を負い、福岡県警に逮捕されてそのまま病院に搬送されました。犯人の妻子を除く乗客は給油と点検を受けた機体で日付が変わった深夜に北京国際空港に帰りましたが、犯人は入院・加療している上、政治亡命を主張しているため政治犯の引き渡しを禁じる逃亡犯罪人引渡法に該当して海部俊樹内閣は共産党中国の強硬な引き渡し要求との狭間で板挟みになりました。
結局、翌年から始まった湾岸戦争でも世界に醜態を晒した海部内閣は国際感覚など持ち合わせておらず、共産党中国側の「犯人は天安門事件とは別の容疑で拘束されている」と言う説明を信用して1990年4月20日に東京高等裁判所第5特別部が出した司法判断に基づいて4月28日に共産党中国に送還したのです。
その後、共産党中国は異例の公開裁判で犯人を審理して7月18日に北京中級人民法院が懲役8年、政治権利剥奪2年の判決を申し渡し、上訴しなかったため刑が確定して服役したと言われていますが、服役中に発症した病気が異常な早さで重篤化して死亡した天安門事件の犠牲者・劉暁波氏を見ても服役中に何があるか判らないのが共産党中国です。
  1. 2023/12/16(土) 15:48:26|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ700 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ699>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8867-e681c97c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)