fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

12月24日・「きよしこの夜」が初演された。

1818年の明日12月24日にオーストリアのオーベルンドルフの聖ニコラウス教会でキリスト教国ではカソリックとプロテスタントで共有する讃美歌、日本ではクリスマス・イブの定番曲の「きよしこの夜」が初演されました。
クリスマス・イブのミサで演奏・合唱する讃美歌が新たに作詞・作曲されることになったのは前日になって聖堂のオルガンの鞴(ふいご=空気袋)がネズミにかじられて音が出なくなってしまい雪が深くて修理の職人が来られないため当時、クラシックにも用途が広がっていたギターで伴奏することになり、その音色に合った楽曲を必要としたからです。
作詞のヨーゼフ・モールさんは2年前のクリスマス・イブに生まれた赤ん坊の祝福を依頼されて勤めた時、母子と家族の姿が聖書に描かれているイエスが生まれた情景と重なり、その感動を胸に教会に戻って数編の詩を書き上げていたので、その詩を歌詞に編集し直して聖堂のオルガン奏者のフランツ・クサーヴァー・グルーバーさんに渡して作曲を依頼したのです。ところがグルーバーさんは「自分はオルガニストであってギターの演奏はやらない」と断りましたがモールさんは「ギターの和音の1つや2つは知っているだろう」と質問し、「3つ知っている」と答えたので和音3つだけの簡単な曲を依頼しました。そのためグルーバーさんは1時間くらいで書き上げたそうです。
こうしてブッツケ本番に等しい状態でミサに臨み、モールさんがギターを弾きながらテノールを担当し、グルーバーさんがバス、女性歌手2人も加えた4重唱で披露しました。するとミサなので拍手喝采は起こらなかったものの参集者は深く感動してモールさんは自信を持ちました。数日後、ツィラータール村の皮手袋製造が本業のオルガン職人のカール・マウラッヒャーさんが修理に来て仕事の終わりにグルーバーさんが試演奏することになったためモールさんの提案で「きよしこの夜(=ドイツ語と英語の題名の邦訳は『静かな夜』)」を演奏すると感動したマウラッヒャーさんは譜面を書写して帰りました。それからマウラッヒャーさんは知人の歌い手や演奏家に譜面を配って広めるとツィラータール村では「天からの歌」と呼んで村人が歌い継ぐようになりました。
そうして10年が経過した頃、グルーバーさんは村で評判の美声の姉妹にこの歌を教え、
手袋を売るために街へ出た時には客引きに唄わせるようにしました。するとその歌を聞いたドレスデンを首都とするザクセン候国の音楽総監督が候王の前で披露するように依頼して王室主催の演奏会で姉妹が合唱すると候王はその年=1832年のクリスマス・イブに王宮で王家の前で唄うように命じました。
こうして「きよしこの夜」は作者不明の聖歌としてオーストリア帝国内や周辺国に広まりましたが1854年にプロイセン国王=後のドイツ皇帝のヴィルヘルム4世の耳に入ると「クリスマス行事では最初にこの歌を唄う」と定め、同時に作者を探すように命じたため調査団は遡るようにオーストリア国内を歩き巡り、やがてザルツブルグの聖ペテロ修道院の聖歌隊に入っていたグルーバーさんの息子に辿り着いて作詞・作曲者と成立した経緯が明らかになったのです。
  1. 2023/12/23(土) 14:45:40|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ707 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ706>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8881-d340175c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)