fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ708

「こちら日本国海上保安庁、君は現在日本のEEZ(=排他的経済水域)内を航行中である。経済水域内の航行は国海洋法条約で認められているが漁獲に関しては我が国の承認が必要である。これから本船が接舷するので許可証を提示するように。停船せよ」東シナ海では第7管区感情保安本部による日本のEEZ内に進入した中国の大船団への対応が始まっている。海上保安庁は開戦初頭に尖閣諸島周辺海域で海軍の巡洋艦の塗装を替えただけの中国海警の警備船の砲撃で巡視船を撃沈されているが今回は警備船の姿はない。しかし、韓国の艦艇が済州島方向から接近してEEZの境界線を航行している。
「こちらは日本国海上保安庁の巡視船・はしま、貴艦が航行している目的はなんだ」対応を開始するに当たって第7管区では最大で全長130メートル、5259総トン、ヘリコプター2機を搭載する巡視船・はしまが韓国艦艇の先頭艦に接近して警察官で言う職務質問を実施した。韓国は現在も外交上は友好国なのだ。
「こちら韓国海軍のコルベット艦・ポパイ、中国の漁船団が大挙して西海(=東シナ海)を東進していると言う情報を受けて監視のために出航した」巡視船では交信中、軍用艦の外観を確認したが、韓国海軍もアメリカ海軍や海上自衛隊のように艦首脇の舷側に描いてある艦の固有番号が有り合わせらしい塗料で消されている。何よりも主砲をこちらに向けている。このコルベット艦は旧式な全長88メートルのポハン(=浦項)級らしいが、主砲は76ミリ砲なので巡視船の20ミリバルカン砲よりも強力だ。それでも巡視船もバルカン砲を艦橋に照準していた。
「了解、貴国の漁船団も日本海を南下しているそうだからそちらには行かないでくれ。緊急事態が生起すれば救助活動の支援を仰ぐ可能性はある。その時はこの周波数で交信する」「了解」韓国海軍の艦艇の艦種別固有番号を確認したがやはりポパイと言うフザケた名前の艦は存在しない。やはり乗組員が集団脱走して艦名と隠蔽した上で出航したようだ。それに同調者が10隻いることになる。日本海を南下している漁船団には海軍軍人と思われる総舵手と軍用小銃を携帯した兵士が乗っているらしいから韓国軍の同調は組織的な暴動のようだ。このような相手を信用して外交交渉で解決しようと言う石田政権には自衛隊の方が暴動を起こすべきではないか。
「こちらは日本国海上保安庁、君は現在・・・」「我々は中華人民共和国の民間人の漁船である。新たな漁場を探すために日本のEEZ内を航行しているだけだ。漁獲は行わないので臨検を受ける義務はない」第7管区の巡視船艇25隻が100隻の漁船団を分担して割って入り、無線による通告に続いてマイク放送を始めると漁船は速度を緩めることなく総舵手ではない乗組員が設置してある放送装置で大音響の日本語の回答を流し始めた。それは25隻の巡視船艇全てに一斉だった。
「国連海洋法条約では当事国にEEZ内の警察権の行使を認めている。君たちが漁具などを携帯していれば漁獲が可能になる。それを確認するために接舷して確認したい」巡視船が無線でも再送しようとした時、中国漁船が回答してきた。
「東海(=東シナ海)は本来、我が中華人民共和国の大陸棚であり、日本の領海までは全面的に我が人民の所有物である。漁場の調査を日本海警に妨害される理由はない」先ほどは用意した台本を日本語が堪能な乗組員が朗読したらしく今回は東シナ海を東海、海上保安庁を海警と中国独自の用語になっている。それでも日本語力はかなりのものだ。
「停船しろ。これは合法的命令だ」「我々が日本の領海に入ってから強権を発動しろ。それまでの民間人の殺傷と所有物の破損は安全保障理事会常任理事国としての懲罰権に該当する犯罪行為だ」挑発的に回答しながら漁船は速度を上げた。その速度は萩保安署の高速巡視船よりも一世代前の高速巡視船以外の巡視船艇を凌駕している。
「領海内に入られては手遅れになる。マイクでの通告後、警告射撃を実施する」巡視船の船橋では船長が航海長に指示を与えた。やはり25隻と言う戦力を与えられているため藁をも掴むように陸上自衛隊のヘリを要請することは考えないらしい。
「海自の哨戒機から連絡、必要とあれば漁船の進路に爆雷を投下する。銃弾よりも損害は低いはずだ」「なるほど、奴らは能登沖の不審船でもやっていたな」これで決まった。
  1. 2023/12/25(月) 15:52:48|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12月25日・比叡山延暦寺で天台座主と真言宗管長が対面した。 | ホーム | 12月25日・ラジオで「ホワイト・クリスマス」が初演された。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8884-e3891428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)