fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ722

パジェロに搭載しているM2重機関銃の銃主部にも弾痕があり、機能上の安全が確認できないため手打の砂浜に乗り上げている中国の漁船の破壊は陸上自衛隊に任せることになった。しかし、高機動車にはM2重機関銃は搭載しておらず、01式軽対戦車誘導弾は置いてきたので1隻に1個ずつ手榴弾を投げ込むことにした。
その間に中山1尉と植月2曹は瀬戸上医師の診療所の裏口を抉じ開けて中に入ると上川本3曹の遺骸を包む清潔な毛布や枕を探した。今の毛布は作業用なので機械油で汚れている。でき得れば顔にかける白い布=打ち覆い(面布、顔掛けとも言う)も欲しい。
バーン、バーン。「始まりましたね」外で爆発音が響き始めると植月2曹は医師の席の背後の窓から砂浜を見下ろしながら呟いた。陸上自衛隊は高機動車で通り過ぎながら助手席の窓から手榴弾を投げ込んでいる。4秒後に爆発する頃には数隻分の距離を取っていると言う手筈だ。漁船は獲った魚を入れる船倉に武器を隠していたらしく蓋が取ってある。上手くそこに入れば甲板が吹き飛び、船底に穴が開くはずだ。
「それにしても奴等はどうして瀬々野浦に上陸しなかったのかな」「確かに瀬々野浦からなら分屯基地につながっていますからね。ここから瀬々野浦までの山道はかなり険しくて遠いですよ」中山1尉の疑問に植月2曹も同意した。下甑島は九州本土に面した東側の道路を整備して逆の西側は山道を舗装しただけで放置している。それだけでなく長浜から上甑島までの連絡船の停留港も東側にしかない。
「ヒョッとしたらナポレオン岩を見てビビッてしまったのかも知れないぞ」「まさかァ、中国軍がビビるなら熊のプーさんでしょう」中山1尉の推理に植月2曹が意外な時事の知識を披露した。警備職は警衛勤務で深夜放送の報道番組を見るので重い軽いの区別なく時事問題に詳しくなるのは当然だった。
中国では国家主席が「ディズニーのアニメ『熊のプーさん』に似ている」とインターネットで評判になると「権威を汚す」と映像の放送や画像の添付から玩具のヌイグルミやイラストの販売まで禁止された。一方、日本の加倍首相は同じ「熊のプーさん」に出ている「ロバのイーヨに似ている」と言われていたが照れ笑いしていた。ちなみに韓国の前大統領は日本のアニメ「ドラえもん」ののび太、アメリカの前大統領はジャイアンだ。
「流石に顔に被せる布は見つかりませんね。白いタオルがありますから代用しましょう」「毛布は交換できるから上川本には我慢してもらおう」空き巣同然の家探しを終えると中山1尉と植月2曹は裏口からパジェロに戻った。後部座席の床の溝には血が溜まっている。84式自動歩槍の5.56ミリNATO弾では至近距離からでも防弾チョッキの前後を貫通するのが精一杯だったので量は少な目だ。
「漁船は全て爆破したぞ。集落内に潜伏している中国兵はこれで逃走手段を失ったことを自覚するだろう」「つまり窮鼠になったと言うことだね」指揮官の中隊長は中山1尉の皮肉な比喩に苦笑いした。観音三滝経由の山道と新設の自動車道の合流地点から集落に入るまで中国軍の将兵には遭遇しておらず上陸した約100名はこの集落内に潜伏していることになる。平家の落人が漂着した歴史を持つ手打の集落には空き家を含めて家屋は300軒以上あるから潜伏は可能だ。一方、陸上自衛隊の先遣隊はこれから高機動車1両で西側に点在する集落に向かって中国兵が侵攻していないかを確認する予定だ。
「出発するなら警衛用のランクル(ランドクルーザー)を分屯基地から山道でナポレオン岩へ下らせて挟み撃ちにしたらどうだろう」「それは良い手だ。是非、お願いしよう」中山1尉としては3尉の後続車に上川本3曹の仇を討ってもらった恩義もあり、全面協力するつもりだった。ただし、航空自衛隊が導入しているランドクルーザーは市販用の車両をOD色に塗装しただけなので警備用戦闘車両としては視界が効かず、防音性も過剰だ。今回は窓を全開にして徐行で走ってもらうしかない。
「それでは長友3尉は中山1尉の指示を受けてこの集落を封鎖しろ。敵の移動は徒歩だから車道だけを監視しても意味はない。発見すれば誰何するまでもなく発砲を許可する」「はい、長友3尉」実は3尉は先ほどの草むらに潜伏していた中国兵との戦闘でも誰何その他の手順は無視して機銃掃射した上、手榴弾を投擲した。すでに意識は戦争なのだ。
下甑島ナポレオン岩下甑島・ナポレオン岩
  1. 2024/01/31(水) 12:56:49|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月1日・明治の国際派弁護士・岡村輝彦の命日 | ホーム | 1月28日・「百人斬り」の虚報で向井少佐と野田少佐が銃殺された。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8914-b7d6beaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)