fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ742

「モリヤ次席検事、お仕事ははかどりましたか」「いいや、溜め込み過ぎていたから下手に触ると雪崩を起こしそうだ」トイレに行ったついでに事務室に寄った私に中年の女性事務官が妙に親し気に声をかけてきた。毎日、出勤はしても市ヶ谷地区へ直行して夕方も帰宅前に寄るだけの私とは雑談する機会もなく人物評は人事書類の経歴と風の噂だけで定まっているはずだ。そうなると元自衛官、元国際刑事裁判所の次席検察官の堅物ならまだ良いが、3名殺害の元刑事被告人まで知られると無罪になっても危険人物だ。せめて本職の坊主と言う肩書までにしてもらいたい。
この女性事務官の愛想が好い態度が危険人物の機嫌を損ねないための予防線だとすれば困ってしまう。それでなくてもオランダに行っている間に日本では「ハラスメント」なる概念が横行・蔓延していて相手に不快感を与えることが凶悪犯罪のように扱われるようになっていた。しかし、不快感などは個人の勝手な好嫌の心理であって一方的に指弾されても責任は負えない。何にしても愛想には愛嬌で応えるしかない。
「今日は加倍派の裏金問題のニュースばかりでしたよ。国営放送も立野官房長官も加倍派の幹部だから関わっているんじゃあないかって言ってました」「国営放送は別のニュースはやってなかったのかい」「後はパレスチナ問題を少し・・・何か気になるニュースがありましたか」結局、視聴者窓口への電話は無駄だったようだ。
国営放送を含めてマスコミ各社が加倍派に向けて並べた砲列から一斉射撃を加え続ける一方で日本の領土が侵攻を受けている非常事態を隠蔽しているのは中国共産党の手先・A日新聞が主導するマスコミ戦略だろう。唯一、戦時売春婦=(いわゆる)従軍慰安婦問題でA日新聞に喧嘩を売った3K新聞系列のクジテレビが報道機関としての機能を破壊されたのも中国共産党の指令を受けた在日中国人たちの犯行だった。それも今回の加倍派潰しを徹底するための事前準備だったとすれば流石は中国と感心するしかない。
「貴女は知らないだろうけど今、九州と中国地方の日本海側に中国軍と韓国軍が侵攻しているんだ。すでに自衛隊と戦闘になって自衛官が100名以上殺されたらしい」「えーッ、嘘でしょう。そんな大ニュースをテレビが取り上げないはずないじゃあないですか」「だから怪しいんだ」陸上幕僚監部法務官室の二村由美事務官であれば一粒の水滴を落とせば波紋どころか水面を波立てて手当たり次第に噂を広めてくれるはずだが、この女性事務官もバブル入省の世代だが法務省と防衛庁(当時)では試験の難易度や身上調査、採用後の躾教育が違うので二村事務官のような軽薄さはない。
「中国漁船が奄美諸島の呂論島に上陸して島民を殺害した事件は知ってるね」「はい、あのニュースも自衛隊が占領していて現場撮影を認めないからってあまり詳しくは放送しませんでした」「興味があれば公判資料を見せて上げるけど非常に残酷な殺し方をしているから自衛隊が非公開にしなくてもテレビでは放送できないね」私の説明に女性事務官は表情を凍りつかせた。呂論島に上陸した中国軍は漁港から町役場に向かう道中で出会った島民を無差別に、然も小銃を連射して蜂の巣のように殺害した上、役場では庁舎の裏手に逃げた職員と島民を皆殺しにした遺骸に手榴弾のブービートラップを仕掛けて自衛官を道連れにしている。この女性事務官も裁判員に指定されれば同様の証拠写真を見ることになるが殺傷されている人数が違うはずだ。
「要するに今のマスコミの金銭スキャンダル報道は中曽根内閣が退陣した直後に今回と同じA日新聞がスクープしたリクルート事件と全く同じ手法だってことを知った上で見ないと政治的意図にはめられてしまうよ」「石田内閣も終わりですかね」「A日新聞としては広島を選挙区にして左に偏った地元マスコミの論調に過剰反応する石田政権は維持したいはずだ。A日新聞は同じ広島選出だった宮沢首相も国内外で失策を続けても必死に擁護していたから上手くやるはずだ。結局、今回のスキャンダルも加倍派を金まみれの利権集団に墜として加倍首相の政治能力に心酔して集まった所属議員たちに金銭目的の卑しい人間と言う落款、焼印を押すんだろう」私の時事阿呆談=解説に女性事務官は難しい顔をしたが声が聞こえていた男性職員たちは小声で何かを囁き合っていた。法務省の公務員労組もかなり偏っているのは敗戦後の法廷史が物語っている。
  1. 2024/02/21(水) 15:06:11|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月22日・日本で最初に撃墜した生田乃木次ポツダム少佐の命日 | ホーム | 2月21日・奈良小1女児殺人事件・小林薫の死刑が執行された。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8957-70ee5797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)