fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ752

「中国軍がポセイドンを撃墜かァ・・・これでも騒がないとなるとアメリカのマスコミは完全に中国資本に乗っ取られていることになるな」「日本のマスコミが完売していることは自ら証明してるがね」ニューヨークの自衛隊の非合法海外情報調査事務所では妻の本間が台湾に出張して小学生になった息子の景虎をスクルーバスに乗せてから出勤した杉本がBBCの衛星放送でアメリカ海軍のPー8哨戒機が中国漁船の携帯式地対空ミサイルに撃墜されたニュースを紹介していた。ニューヨークでも昨夜、本間から「黄海の北海艦隊の軍港に集結していた100隻を超える大漁船団が出航した」と言う情報が入っていてワシントンの海上自衛隊の防衛駐在官を通じて動向を注視していたが日本のマスコミ報道は衛星放送でも加倍派の政治資金を巡る政治スキャンダル一色なのでハワイの太平洋軍に人脈を有する松本が間宮リンゾーを連れてペンタゴン・国防総省内の海軍省の知人に接触して情報収集に当たっていた。岡倉と近藤ジューゾーは韓国に潜入して韓国軍内の噂レベルの情報を探索しているが今回の海兵隊の脱走兵の漁船による侵攻と海軍のコルベット艦強奪と参戦に於いては多少なりとも成果はあった。
日本では昼過ぎだった大原防衛大臣の医緊急記者会見と横田基地での取材の結果は9時間の時差があるイギリスでは発生同日の朝のニュース番組で報道され、13時間のアメリカ西海岸になると「BBCが報道したニュース」として翌朝まで保留された。それでも杉本は長年の盟友であるMI6のOBのジェームズから「BBCのニュースを見るように」とのメールを受けて5時間の時差がある深夜に確認していた。
「BBCが放送して5時間は経ってるんでしょう。ペンタゴンが公式発表しないのは国民の関心が相変らずパレスチナ一辺倒で、日本のマスコミ報道も加倍叩きに執着しているから隠蔽するまでもなく無視を決め込んでいるんですね」杉本の顔を見てからペンタゴンに向かおうとしていた松本に隣りから間宮リンゾーが見解を述べた。BBCのニュースではアナウンサーが「横田基地の在日アメリカ軍司令部も認めている」と説明していたが公式発表や追加の情報はなかったので間宮リンゾーは見落としたらしい。
「それでもアメリカ海軍の軍用機が撃墜されたとなると国民以前に軍人たちが黙っていないだろう。今は普天間に戦闘機部隊がいないから何もできなかったんだろうが空母がそばにいれば艦載機が殺到して漁船は皆殺しだぞ」「しかし、嘉手納の空軍は出撃しませんでしたね」「そこがアメリカ軍のややこしいところだ」話題がアメリカ空軍になって元航空自衛隊の松本は無意識に背筋を伸ばした。
海上自衛隊はアメリカ海軍と共にアルフレッド・セイヤー・マハン少将の兄弟優等生と呼ばれていた帝国海軍の血を引くだけに現在では完全に一体化しているが、航空自衛隊にとってアメリカ空軍は兄弟以前に生みの親なのだ。それもアメリカ空軍が1947年にアーミー・エアフォース=陸軍航空軍から独立して7年後の1954年に航空自衛隊が設立されたので若い親鳥が自分も成長しながら卵を産んで育てたようなものだった。
「アメリカ空軍は元々アーミー・エアフォースだったんだよ。だから海軍航空隊とは宿命のライバルのような関係なんだ。だから戦争中でも海軍機の仇を討つのは要請された時に限って極力関わらないと言うのが基本的スタンスだ」「そう言えばライト・スタッフって映画でも宇宙飛行士になる選抜試験で空軍と海軍海兵隊のパイロットがライバル心を剝き出しにしていましたね」若い間宮リンゾーが1983年公開の映画「ライト・スタッフ」を見ているはずがないが今でも根強い人気を維持している作品なのでレンタルDVDやインターネットで視聴したのだろう。
「その点、航空自衛隊は陸海軍の生き残りパイロットを一緒にして設立されたんだが、惜しむらくは山口県の防府南基地に教育隊を設置したことだ。あそこには陸軍の亡霊のような元将校たちが集められて新隊員を教育したんだが、陸上自衛隊が国民の憎悪と怨嗟の対象になっていた陸軍色を出さないように懸命になっているのを隣りで眺めながら完全復活させたんだよ。今でも陸上自衛隊の分列行進曲になっている『抜刀隊』を最初に使ったのは防府南基地の基地祭の観閲行進からだ」「随分、JASDF(航空自衛隊)に詳しいんですね」「・・・」珍しい松本の気の緩みは気疲れが原因かも知れない。
  1. 2024/03/02(土) 15:03:22|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月2日・帝国議会で北海道旧土人保護法が成立した。 | ホーム | 第134回月刊「宗教」講座・簡単精進料理教室17時間目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8978-e36dbcf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)