fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ755

「現地時間で昨日の午前6時30分頃、中国は黄海の8カ所の軍港から1隻あたり10名程度の武装した兵士を乗せた漁船143隻を出撃させました。単純計算で1500名近い戦力です」国際連合安全保障理事会ではアメリカの国連代表大使が議長の討議の開始告知の間に手を上げて深く息を吸い、終わるのと同時に弁論を始めた。これまでアメリカは中国とロシアが「日本に対する武力行使を常任理事国としての懲罰だ」とする主張を黙認してきたが態度を一転させる事態が発生したのだ。実際、この弁論では通常は秘匿する偵察衛星による漁船の詳細な情報が用いられている。
「この大漁船団は東シナ海に出ると東に航路を取り、日本の九州方面に進行しました」中国の国連代表大使も昨夜の事態を受けてアメリカが態度を硬化させることを予測した北京から情報を通知されているが、最初に駆逐艦が撃沈されたため通信手段は漁業用無線とスマートホンだけになり、それも数分後には途絶していた。海上自衛隊の1式陸攻=Pー1哨戒機は空対艦ミサイルを発射すると高度を下げて漁船団に近づき真上を通過しながら爆雷を狙い撃ちに投下したのだ。
「これに対して日本のコースト・ガードがEEZ内での操業の許可証の提示を求めて停船を命じると漁船団は上空で監視していたネーバル・ジエー隊の哨戒機に携帯式SAMを発射しようとしたため自衛措置として護衛の戦闘機が銃撃を加えました」今回の九州方面への武力侵攻は中国が単独で計画し、関与していないロシアには事前情報は伝達していなかった。そのためロシアの国連代表大使は困惑と同時に不信感を放つ視線を中国に向けているのを傍聴席の松山1佐は見逃さなかった。
「この対応を受けて後続の漁船団は東シナ海で分散して九州から奄美群島までの離島に向かいました。そして九州の西方約45キロの甑島群島で守備隊と戦闘になり、中国側の漁船14隻が撃沈、逆に上陸した中国軍によって日本側守備隊100名以上が戦死、上陸した中国軍は守備隊に包囲されても抵抗しましたが最終的に半数の40名が投降したようです」「本日はパレスチナ問題を討議するのではないのですか」「それでは続いて発生した重大事件を説明して終わります」アメリカの説明が中国に不利になったのを察知したアフリカの国連代表大使が議長に予定外の弁論の中止を遠回しに要求した。するとアメリカの国連代表大使は議長の言葉を遮るように議事を進行した。
「現地時間で午後8時30分頃、九州と沖縄諸島の間に位置する奄美群島の沖永良部島沖で通常の哨戒飛行中だった我がアメリカ海軍のPー8哨戒機が福州軍港を出航した東海艦隊所属の駆逐艦の指揮を受ける漁船から5発の携帯式SAMの連続射撃を受けて撃墜されました」「えッ・・・」このニュースはまだBBCでしか報じられていないためアメリカのテレビしか見ていない国連代表大使は驚愕の声を上げた。それは傍聴席のマスコミ関係者も同様だったらしく隣りと情報交換を始めて議場が騒がしくなった。
「静粛に願います」「中国とロシアはこれまで日本に対する武力行使を常任理事国としての懲罰だと説明して来ましたが公海上空で通常の哨戒飛行を実施していた我が国の海軍機を撃墜するのにどのような権限を用いたのでしょうか。この事件が日本への武力行使が2022年2月24日のウクライナ侵攻を契機とするロシアと中国による世界制覇の一環としての侵略であることを証明しました」「常任理事国であるイギリス王国も同意する」「ただいまのアメリカ国連代表大使の弁論は非公式なものですからイギリスが同意しても何ら効力はありません」「そんなことはどうでも良い。我が国はトニー・ブレアがブッシュとネオコンや軍産複合体に騙され、マーガレット・サッチャーが香港返還で鄧小平に騙されたことを教訓として真実の正義を守るために戦うことを決意したんだ」「サー・ウィンストン・チャーチルはスターリンに騙されただろう」1944年10月のチャーチルとスターリンの密約でソビエト連邦に売り渡された東ヨーロッパの国連代表大使の皮肉にイギリス国連代表大使も苦笑してうなずいた。
「それでは予定の議事に入ります」議長が再び会議の開始を通告するとアメリカの国連代表大使は後ろの席の女性と握手を交わした。その女性に松山1佐は見覚えがある。今日は私服だが普段は迷彩服でテレビに出演しているノザキ佳織元将補だ。
ま・モリヤ佳織イメージ画像
  1. 2024/03/05(火) 15:47:46|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ756 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ754>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8984-99d6b74a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)