fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ756

「ウチではノザキ将補のワシントンでの動きを把握しているのか」安全保障理事会の傍聴を終えて国際連合本部から戻った松山1佐はパソコンを操作しながら留守番をしている杉本に確認した。そこに妻の裕美1曹が夫好みの濃い緑茶を淹れて運んできた。
「ノザキ将補は島村(岡倉の偽名)が担当しています。何でも九州の学校の同期だとかで・・・」今朝、松本がウッカリ個人情報を漏らしてしまったのを見ていた杉本は無駄・不要と判っている隠蔽を施して回答した。
岡倉とノザキ将補は前川原駐屯地にある幹部候補生学校の一般(部外)幹部候補生課程の同期で家族持ちだったモリヤ候補生を掠奪する不倫婚作戦を立案した親密な関係だった。そのため自衛隊を退役してハワイ州に移住したモリヤ将補が元将軍のノザキ佳織としてマスコミに登場するようになるとアイドルの追っかけのように新聞記事をスクラップしてテレビ、インターネットを録画するようになった。それに松本がユキにハワイ州日系人協会の会報と地方新聞や番組を収集させたのでかなり充実した資料になっている。
「所長は岡倉のパスワードを知っているんですよね」「うん、留守中に開く必要ができた時のために僕だけは全員のパスワードを知っている」杉本の確認に応えながら松山1佐は飲み頃に冷めた湯呑の緑茶を一気呑みすると立ち上がって岡倉の席に歩いて行った。後には杉本も付いてきたがそれはパソコンを操作するためだ。
「ファイト、伊藤佳織候補生・・・名前から言うとこれがノザキ将補のファイルのようです。表紙の画像は前川原の夏の体操服のアップだ。短パンから剥き出しの太腿がそそるなァ」松山1佐が暗記しているパスワードを入力して岡倉のパソコンを立ち上げると杉本は手慣れた様子でデータ・フォルダーの一覧表の中から目的のファイルを見つけて開いた。すると表紙には杉本にも懐かしい前川原のWACの候補生用の半袖、短パンの体操服を着た若き日のノザキ将補の画像が添付してあった。ノザキ将補、当時の伊藤候補生は帰国子女だけにスタイルが良く、長い脚も魅力的だが体操服を中から突き出している豊かな乳房がたまらない。強制禁欲生活を送っていた男子の候補生たちは中学・高校生時代に戻ってトイレでセンズリ=自慰行為のオカズにしたことだろう。それにしても夏場の遠泳訓練に向かって連日続いた水泳の水着でないのが残念だ。
杉本の同期には妻の本間郁子を思わせるような呆れるほど負けず嫌いのWACの候補生がいて男子が高飛び込みを強制されると「WACは止めておけ」と言う教官に強(こわ)談判してトリを飾った。その時、見学している男子の候補生たちは数年前にプロダクションのビルの屋上から飛び降り自死した自衛官募集のポスターのモデルの名前「ユキコー」を絶叫したが、その候補生は「私は死なない」と言い放って見事に飛び込んだ。ところが水から上がると水着の肩紐が衝撃で切れていて両乳房を同期に公開してしまった。
「そうかァ、先ず442戦闘団の自己犠牲の史実の周知から始めたんだったな」松山1佐はファイルの中でも添付してあるインタビュー番組の録画から確認した。最初はハワイに帰ってハワイ州日系人協会の理事に就任した直後に太平洋地区戦没者墓苑・パンチボールを訪れた時の囲み取材からだった。この時点では元将軍・モリヤ佳織と紹介されているので離婚前だったようだ。モリヤ元将補は同行取材していた在外アメリカ軍の軍人と家族向けテレビ番組・AFNの記者の質問に答える形で自分の祖父が442戦闘団としてヨーロッパ戦線に出征して戦死した事実を説明し、「日系人は新たに祖国としたアメリカ合衆国のために生命を捧げ、多くの血を流してきた。それなのにアメリカは本来は国民党政権だった連合国の中国ではなく別の国家である共産党の中国を重要視している。今では自由主義経済の資本制度を利用して北京が流す巨額の資金で在アメリカ中国系移民が大手マスコミは株式を買い占めて、連邦議会の議員たちもロビー活動で思うままに操られている」と熱弁を奮っている。普通の日本人はここまで言えないがノザキ元将補が前川原で選んだ相手は松山1佐が最初に赴任した守山駐屯地の第35普通科連隊で直属上司になった中隊長だった。あの中隊長と夫婦だったのならこのくらいは日常の夫婦の会話だったのかも知れない。実は松山1佐も中隊長が陸上幕僚監部法務官室所属の弁護士になって法廷での論戦を本業にしたのは正しく適材適所だと思っている。
  1. 2024/03/06(水) 15:56:21|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月7日・日本史上初の女帝・推古天皇が崩御した。 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ755>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8986-52f544c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)