fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ772

中央指揮所で朝を迎えた大原防衛大臣は空が白み始めるのを待って築城基地と新田原基地を発進した航空自衛隊の戦闘機による哨戒飛行で東シナ海全域に中国漁船が存在しないことが確認されると首相官邸に電話した。昨日は守備隊と戦闘になった五島列島と甑島群島以外にも複数の島に中国軍が上陸したが、アメリカ海軍のPー8哨戒機が中国海軍の駆逐艦に指揮される漁船に撃墜された事件を受けて撤退したようだ。
「総理は昨日の閣議を欠席されたことをご不快に思っておられるようですよ」ところが電話には事務担当の警察官僚の官房副長官が出ていきなり苦言を呈した。大原防衛大臣は中央指揮所の壁の時計を見たが通常なら立野官房長官は登庁している時間だ。
「総理はおられますからおつなぎしましょう」「それはエラク早い出勤だな」「昨夜は徹夜でした」官房副長官は遠回しに「心証を害している」と警告しておきながら取り継ごうとする。そこは官僚的な業務処理らしい。
「総理、海保との共同作戦で九州方面への中国の侵略を阻止しました」「君は閣議を欠席してモニター画面でも閣議に参加しなかった。現在、我が内閣が危機的状況に陥っていることが判っているのか」閣議室ではなく執務室のモニター画面に切り替わって石田首相が映ると大原防衛大臣は挨拶もソコソコに戦果を報告した。ところが石田首相はそれには反応しないで閣議を電話一本で欠席したことを叱責した。
昨夜、石田首相は相変わらずマスコミの批判報道に過剰反応してテレビのニュースに名前が出た人物を首相官邸に呼び出して事実確認すると自民党の首脳に電話して対応を検討していた。したがってこちらも徹夜だった。立野官房長官も加倍派の幹部として批判報道の標的にされているため事務方の官房副長官が代行しているのだ。
「それでは総理はアメリカ海軍の哨戒機が中国の漁船に撃墜されたことをお聞きになっていないのですね」「外務大臣は現在の疑惑には無関係だから呼んでいない」どうやら地上ではテレビを点けていなかった地下の中央指揮所では知り得ない別次元の戦闘が繰り広げられていたようだ。そんな中で古き日本の良妻賢母を体現している上山外務大臣は苦境に陥っている政治上の夫・石田首相の心理的負担を軽減することを優先してこれほどの重大事項を報告しなかったのではないか。法務大臣時代には政治上の前夫・加倍首相の意向を受けてオウム真理教の教組以下14名の死刑囚の吊首刑の執行命令に署名・捺印した女性だが外務大臣としては迷惑な存在になっている。
「それでは私からの報告は終わります。お疲れのところ申し訳ありませんでした」「今日の閣議には来るんだろうな」大原防衛大臣の愛想尽かしの挨拶に石田首相は同じ苦言を投げ返した。今回の問題でそれでなくても低下傾向にあった支持率が急落して求心力にも陰りが見え始めた石田首相としては閣僚の顔を見て忠誠心を計りたいのかも知れない。
「いいえ、離島に上陸した中国軍を完全に制圧したとは言い切れませんから引き続き中央指揮所で指揮を執ります」大原防衛大臣としては先ほど「中国の侵略を阻止した」と報告しただけに苦しい弁明だがこれが現実だった。
離島では漁業が主要産業なので島内各所の漁港には避難した島民が残していった多数の漁船が係留されていて中国の漁船が紛れ込んでいても容易には識別できない。しかも長崎県の対応が後手に回ったため慌てて避難した島民は食料や生活物資を家に残していて長期間潜伏するには最高の環境なのだ。
「大臣、長崎の漁民が出漁してきました」「馬鹿な・・・戦闘に巻き込まれるぞ」「新聞とテレビが全く報じていないので漁協も噂に過ぎないと無視しているようです」モニター画面での石田首相との不毛な用談を終えた大原防衛大臣に海上保安庁からの情報提供を受けつけた若手官僚が報告した。
「海保に制止させるしかありませんが漁協は・・・」官僚の説明に陸上幕僚長が意味ありげに呟いた。陸上自衛隊が佐賀空港にCVー22アスプレイを配備するための駐屯地を開設した時、有明海の漁協が「安全上の不安」と「環境への影響」を理由に行政訴訟を起こして阻止しようとした。福島の原発事故でも中国の詭弁に同調するように処理水の放出に反対したのは漁協だった。両者の関係は不明だが迷惑な存在なのは間違いない。
  1. 2024/03/22(金) 12:16:11|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<またやったのか?山口市のニューヨークタイムスへの売り込み工作 | ホーム | 元航空機整備員には信じられない陸自ヘリの墜落原因>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/9018-2d62554a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)