fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

3月31日・国鉄が始まって終わった日

明治39(1906)年の明日3月31日に鉄道国有法が成立して全国の長距離の私鉄路線が国に強制的に買収されて国家事業として建設・運行されるようになりました。なお、占領軍の命令による昭和24(1949)年に独立採算制の公共事業・日本国有鉄道=国鉄になりましたが、膨大な赤字を累積させたため昭和62(1987)年3月31日で事業を終了してJR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州、日本貨物鉄道の7社に分割民営化されました。
鉄道の国有化は幕末にイギリスへ密航・留学して明治政府で鉄道事業を主導するようになった毛利藩士の井上勝さんの持論で「何でも公共事業にしておけば安心」と言う山口県人的社会感覚の発露だったようです。しかし、渋沢栄一さんなどの実業家や三井・三菱財閥は資本主義の発展のために民間主導の鉄道建設を主張していて国論が2分されていました。
それでも軍備の拡張を急ぐ薩長藩閥の軍人たちの強引な予算獲得や不平士族の反乱に続く西南戦争の戦費で国家予算は底をつき国家事業としての鉄道網建設は不可能になりました。そのため国内の人の往来と物資の流通の活性化のために鉄道網の整備を急務と考えていた明治政府は旧藩主の華族たちに鉄道事業への参入を勧誘するのと同時に民間事業による鉄道の建設を推奨したのです。その結果、東北線や上越線、東海道線、中央線などの始発・終着になる東京や上野などの駅には路線ごとの発着場が設置されることになり、後の山手線の周回化に伴う鉄道網の整備では発着場の統廃合が余計な仕事になりました。
そうして全国各地に民間事業で鉄道網が張り巡らされると明治37(1904)年から始まった日露戦争で鉄道輸送力を国家が運営する必要性を再認識した陸軍と政府はまだ存命で持論を変えていなかった井上さんに同調して民間鉄道=私鉄でも主要幹線と輸送量が多い地方路線の国有化を決定したのです。この暴挙には当然、渋沢さんなどが反対しましたが明治の政変によってこの国家を私物化していた毛利藩閥=山口軍閥には民間事業として成立している鉄道路線を勝手に作った法律1つで国有化することくらいはお手の物でした。
結果的に北海道炭鉱鉄道(329.1キロ)、甲武鉄道(44.7キロ)、日本鉄道=現在のJR東日本の路線(1385.3キロ)、岩越鉄道(79.7キロ)、山陽鉄道(667・7キロ)、西成鉄道(7.4キロ)、九州鉄道(712.6キロ)、北海道鉄道(255.9キロ)、京都鉄道(35.7キロ)、阪舞鉄道(113.1キロ)、北越鉄道(138.1キロ)、総武鉄道(117.8キロ)、房総鉄道(63,4キロ)、七尾鉄道(55.4キロ)、徳島鉄道(34.6キロ)、関西鉄道(442.9キロ)、参宮鉄道(42キロ)と博多湾鉄道(90キロ)、中国鉄道(79.1キロ)、豊川鉄道(27.4キロ)、中越鉄道(48・3キロ)、水戸鉄道(20.4)、成田鉄道(119,1キロ)が国有になって機関車1118両、客車3101両、貨車20850両のバラバラな車種の車両と管理職以下の多くの人員が加わって組織・事業規模は3倍増になりました。
結局のところは国家の強権で国有化したため余剰の人員を解雇することはできず、その厚遇に増長した国鉄労働組合=国労が組織を喰い潰して自滅することになったのです。
  1. 2024/03/30(土) 16:02:52|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ781 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ780>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/9036-5630c7a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)