fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

4月23日・大型航空母艦の建造が中止されて「提督たちの反乱」が起きた。

第2次世界大戦後の1947年にアメリカは陸軍航空軍を分離独立させて空軍を新設したのと同時に陸海軍省に空軍省を統合した国防総省(現在も国防総省内には陸海空軍省が存在する=海兵隊は海軍省が統括している)や国家安全保障会議、中央情報局(CIA)を創設しました。ところが新たな国防態勢の中で海軍の空母機動艦隊と空軍の核兵器を搭載した戦略爆撃機のどちらを国家戦略の主体にするのかを巡って激しい論戦になり、1949年4月18日に起工していた大型航空母艦・ユナイテッド・ステーツの建造が明日4月23日に中止になったため「提督たちの反乱」と呼ばれる内部抗争に発展したのです。
ヨーロッパの主要国では第1次世界大戦において初陣を飾った航空戦力が航空機の発達によって急激に拡大することを見越して独立した空軍を創設したのに対して第1次世界大戦は対岸の火事に過ぎなかったアメリカではUボートに撃沈されたイギリスの豪華客船・ルシタニアでアメリカ人乗客128人が死亡したことを理由に参戦したこと自体をウィルスソン政権の策謀とする声が起こっていて空軍の新設などは論外でした。そんなアメリカ陸軍航空軍はようやく参戦した第2次世界大戦と対日戦争において国際戦争法に空戦条約がないことを利用して空軍独立を実現しようとナチス・ドイツや日本の都市部への無差別爆撃や原爆投下を実施したのです。一方、海軍にとっては分離独立した空軍と言っても陸軍の分派に過ぎず、戦果においても航空母艦機動部隊の確立・発展によって航空打撃力を発揮しているので空軍の必要性などは認めていませんでした。実際、太平洋戦線においては戦略爆撃機・Bー29が導入されるまで陸軍航空軍は日本本土に手が届かず、それも海軍がマリアナ諸島を攻略してようやく日本本土の都市空襲が可能になったのでした。
つまり空軍の戦略爆撃機では航続距離と言う制約があって全世界への支配権は確立できず、当時の新鋭爆撃機・B―36もレシプロのプロペラ機だったためジェット戦闘機には歯が立たないことは明らかで海軍の主張に理がありました(朝鮮戦争ではBー29爆撃機がソビエト連邦製のミグ15ジェット戦闘機に落としまくられた)。これに対して空軍・陸軍連合軍は国防長官を抱き込む政治的策略を巡らすとかつて海軍が空軍の戦略爆撃機の弱点をマスコミに暴露したのに倣って空母戦力拡張計画の問題点を広報しました。そんな中、国防長官が航空母艦・ユナイテッド・ステーツの建造を中止させたのです。
その後、海軍の将官=提督たちが次々に個人資格で国家戦略を巡る見解を発表し(今回も空軍の戦略爆撃機の弱点が中心)、さらに空軍と軍需産業、国防長官を含む国防総省高官との癒着を暴露して辞任すると議会が介入して統合運用に関する勧告が多数与えられて寄せ集めだった国防総省の機能の強化が図られました。折から勃発した朝鮮戦争では地上戦が主体だったため新型戦略爆撃機と空母機動艦隊の出番はありませんでした。
ユナイテッド・ステーツは完成していればガスタービン・エンジンとは言え基準排水トン数65000トン(75700トン)、全長331メートル(342メートル)、最大幅60.1メートル(77.7メートル)、搭載機数は推定で90から100機(84機)の()内の原子力空母・エンター・プライズと遜色がない巨艦でした。
  1. 2024/04/22(月) 15:31:51|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ801 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ800>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/9080-15b2c792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)