fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ801

「ジャンプ・スタンバイ」Cー130輸送機の機内では気圧差で空気が噴き出していく開放した側面ドアの前で空中輸送員=ロードマスターが降下長=アメリカ軍ではジャンプ・マスターにヘッドセットで受けたパイロットの指示を伝えた。
航空自衛隊は空挺部隊を搭乗させたCー130を飛行させるに当たり入間基地のECー1電子戦機を派遣して事前に韓国空軍の警戒レーダーに目潰しを加えようとしたが、統合幕僚監部はこの空域を熟知している海上自衛隊岩国航空基地のEPー3電子戦データ収集機に命じた。さらに潜入したまま監視を続けている海上自衛隊特別警備隊の斥候から「韓国海軍特殊戦旅団は対馬駐屯地から出ていない」と言う報告を受けて艦対地ミサイルを撃ち込んだ上、陸上自衛隊目達原駐屯地のAHー64対戦車ヘリコプターで残敵掃討して万全を期した。そのため対馬を南北に縦断して降下させることができる。
「降下よーい(用意)」「降下よーい」「降下よーい」・・・続いて降下長は10分前にハンモック式の座席から立ち上がって整列させていた隊員たちに降下準備を指示すると先ほどは装具を点検して「異常なし」と申し送ってきたのとは逆流で開傘フックを掛けたワイヤーを糸電話にしたように申し送っていった。
「降下5秒前」ロードマスターはドアの壁に両手を掛けて降下を準備している1番員と開傘フックの紐を掴んでいる降下長に掌の前に広げた指5本を示し、1本ずつ折って秒読みしていく。それに合わせて1番員は「コースよし、コースよし、よーい、よーい、よーい」と唱和しながら「降下」と叫んで飛び出した。後は1秒間隔で1人ずつ「降下」と言う叫び声を残して飛び出していく。アメリカ軍はこの時、「ジェロニモ」とアパッチ族の英雄(酋長ではない)の名前を絶叫するらしい。
降下していく隊員たちは「1こーか(降下)、2こーか、3こーか」と数えながら4秒後の開傘を待つが、パラシュートが開かずに細長く引きながら落下していくことを「狼煙(のろし)を上げる」と呼んでいる。アメリカ軍の空挺部隊には目の前を落下していく師団長の狼煙=パラシュートを咄嗟に鷲掴みにして命を救った兵隊の伝説(=実話らしい)があるが、体重に武器と装具を加えればかなりの重量になるので奇跡に近い。
「何とか北の端(はずれ)に着地できそうだな。低速飛行お見事でした」全員の降下を見届けた降下長は自分の開傘フックの紐をロードマスターに頼むと軽口を叩いた後、「降下」と叫んで飛び出していった。同時にCー130は対馬と釜山の中間に引かれている日韓のADIZを破らないように急旋回した。それを聞いていたロードマスターはドアを閉めるのは後回しにして機体の突起物にしがみついていた。
「着岸、上陸」同じ頃、下島の尾浦海水浴場では陸上自衛隊の新鋭輸送船=上陸強襲艦・しんしゅう丸から水陸両用強襲輸送車・AAV7が海岸に着上陸していた。ただし、AAV7の保有数は10両に満たないので後続部隊はゴムボートになる。
アメリカ軍のような上陸強襲艦があればホバークラフトの上陸強襲艇を使えるのだが予算が追い付かない。しんしゅう丸は帝国陸軍の船舶科の暁部隊が建造・運用していた特殊船=元祖上陸強襲艦・神州丸の名称を踏襲している。陸軍は大正から昭和初期の軍縮ムードの予算の奪い合いの中で軍用艦を建造することが海軍を利すると懸念して民間の船舶会社に管理と運行を委託したから商船のような名前を付けたのだった。
「長崎では水機連隊と一緒に上陸訓練に励みましたから成果が出ていますね」「本来は島で迎え討つ守備隊だから戦術が違うんだがな」「得意の山岳戦闘ですか」尾浦海水浴場に上陸して後続のゴムボートの到着を待ちながら対馬警備隊長は本部中長と雑談を交わした。ただし、山岳戦闘と言っても対馬は台地状の島なので標高差はあまりない。
日韓の武力衝突が激化すると北端の航空自衛隊海栗島分屯基地が襲撃を受けて対馬市長が全島民の避難を決断した。すると西部方面隊は「350名の隊員を島民不在の対馬の領土を守るための人柱にはできない」と対馬警備隊を第1・第2水上機動連隊が所在する相浦駐屯地に撤退させた。以来、対馬警備隊は「対馬奪還」を合言葉にして水上機動連隊と共に上陸強襲訓練に明け暮れてきた。その成果は五島列島の中通島への上陸で一部発揮されたが「今回こそが本番」と言う心意気で全隊員が臨んでいる。
  1. 2024/04/23(火) 15:18:08|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4月24日・国鉄の順法闘争に首都圏国電暴動事件が生起した。 | ホーム | 4月23日・大型航空母艦の建造が中止されて「提督たちの反乱」が起きた。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/9081-b81e2345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)