fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

4月24日・少女漫画雑誌「マーガレット」が創刊された。

昭和38(1963)年の4月24日に少年マガジンを出版していた講談社の「少女フレンド」、少年サンデーの小学館の「少女コミック」と並ぶ少女漫画雑誌「マーガレット」が集英社から発売されました(集英社の「りぼん」は小中学生が対象)。ただし、少年漫画雑誌のような週刊ではなく毎月5日と20日の月2冊=ほぼ隔週の発売でした。
野僧は母親の妹=叔母が岡崎市内に就職したため小学校1年まで社宅の我が家に下宿していて、大のマンガ好きだった叔母が毎回欠かさず買ってくる「マーガレット」を愛読しました。当時、マーガレットには少女漫画のスポーツ根性物語「アタック・ナンバーワン」が連載されていて母親の実家に帰省した時に叔父が買いためていた少年マガジンで読む「巨人の星」や「あしたのジョー」と合わせてスポーツ根性物語の金字塔をアニメよりも前に原作で読んでいました。ただし、「巨人の星」と「あしたのジョー」は梶原一騎先生原作ですが「アタック・ナンバーワン」は原作・作画共に浦野千賀子先生です。
この他にもマーガレットには題名と作者は失念しましたが「アタック・ナンバーワン」と同時進行で水泳(実写ドラマ「金メダルへのターン」とはストーリーが違った)のスポ根作品も連載されていて昭和48(1973)年から昭和50(1975)年にはテニス漫画の「エースをねらえ!」、昭和53(1978)年から昭和55(1980)年までの「第2部=新・エースをねらえ!」もマーガレットでした。
一般的に野僧と同世代の人たちは「アタック・ナンバーワン」を「巨人の星」「あしたのジョー」と同様にアニメで見ているので主人公の鮎原こずえを清く正しく美しくスポーツマン・シップにのっとり、「血の汗流せ、涙を拭くな」の体育会系女子だと思っていますが、原作では転地療養のため東京から富士見学園中等部に転校してきて早々に不良グループとの喧嘩に勝って親分に祭り上げられると体育館の横の空き地でゴーゴーの曲を流して踊りに興じ、それを注意したバレー部に不良グループで勝負を挑んで顧問の教員に才能を見出されたのです。この他にも東京での男性体験を自慢げに語る場面もありました。
そうして野僧は少女漫画でも抵抗なく読むようになったため中学・高校に入ると少年漫画と少女漫画では描いている恋愛の展開が全く違うことに気づき、女子の心理を研究するためには女性の作者の少女漫画を読むべきだと考えて下校時の列車の待ち時間に書店で立ち読みして面白かった単行本を買うようになりました。すると心理を研究するまでもなく2年では「(生徒会の)副会長が少女漫画を立ち読みしていた」、3年になると「会長が少女漫画を買っていた」と女子の間で評判になって少女漫画談議に花が咲くようになってしまいました。その頃、「マーガレット」では前述の「新・エースをねらえ!」、「少女フレンド」は「はいからさんが通る」や「生徒諸君」を連載していて、「新・エースをねらえ!」では宗方仁コーチが死んだ後を引き継いだ桂大悟コーチが永平寺で修行した僧侶で主人公の岡ひろみに坐禅や作務をやらせたため解説を求められました。一方、「はいからさんが通る」では主人公の花村紅緒の婚約者が伊集院忍陸軍少尉だったので軍隊の階級から役職、組織制度や軍服の種類を詳細に説明することになりました。
  1. 2024/04/24(水) 15:34:52|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ803 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ802>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/9084-812df10d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)