fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

少し新し目の雨の歌

西日本の渇水を心配して雨乞いにと雨の歌の連載を再開しましたが、やっぱり危ないみたいです。それにしても「秋の長雨」と言ったり「女心と秋の空」と言ったり、秋の雨は続くものなのか、変わり易いものなのか?
このシリーズは懐しの昭和のメロディー化しているので20年たっていない平成の歌にします。

Alone(詞・曲 岡本真夜)
「君は強いから大丈夫だよ」と そんなこと言われたら 弱さ見せられない
「カードが もうないから」 嘘ついて電話を切った 
降り出した雨に急ぐ人たち あふれてしまう涙 傘で隠した
ぎゅっと誰か抱きしめて 温かい胸で泣かせて
ほんとは寂しがり屋で 1人で泣いてばかりで
貴方の胸で泣きたい 貴方の胸で眠りたい
寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない

1人ベンチに座り 幾つも電車見送る
街の灯がにじんでしまう あの日によく似ているわ
反対側のホーム 貴方と彼女 見つけたの 
楽しそうに腕を組んでいた 彼女は私の大切な友達
もっと素直になれたら もっと勇気が持てたら
何も受け止められない 今も貴方がこんなに愛しい

ぎゅっと誰か抱きしめて 温かい胸で泣かせて
ほんとは寂しがり屋で 一人で泣いてばかりで
貴方の胸で泣きたい 貴方の胸で眠りたい
寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない
貴方の愛が欲しい

1996年11月の発売(TOMMORROWは1995年5月10日)ですが、それでも「カードがもうないから」とテレフォンカードが出てきます。今なら携帯の充電切れと言うところでしょうか。
  1. 2013/08/30(金) 09:18:31|
  2. 雨の歌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月1日・竹久夢二の命日 | ホーム | 8月27日・ヘーシンクの命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/981-3c16fbe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)